ガバナーブログ

2014.11.10

滋賀県表敬訪問

 「私も“新たなる挑戦”です!」冒頭に三日月知事がご発声され、地区ガバナーL森井士朗と固い握手で表敬訪問が始まりました。三日月知事より「ライオンズクラブの連日における地域への奉仕活動に感謝している。いつも“見える形”で地域に対してPRしてくださっている。本当にうれしく思う。」そして、「滋賀県の諸先輩方が築いてこられた伝統、文化、産業をしっかり継承して、先人のご意見を拝聴した上で県政に生かしていく。」と感謝と決意のお言葉を賜りました。これを受けて森井ガバナーからは、「次のステップを踏んでいく。次世代を担う人材の育成、一億人への奉仕を遂行したい。」と、2020年オリンピックに向けた青少年育成、観光招致についても尽力していきたい旨、言上されました。

終始なごやかな談議の中で、びわ湖をはじめ地域環境に配慮したお米「みずかがみ」提唱のお話や大津京、信楽の伝統、官兵衛列車のことなど豊富な話題で時間はあっという間に過ぎていきました。今後、三日月知事は水環境技術の伝達や観光PRため中国、マレーシア、ベトナムへのご来訪が決定しているとのこと。お忙しい時間を縫ってのご対応に感謝申し上げますと共に、ご多忙の折、お身体のご自愛を願い、我々としましても滋賀県におきましての更なる奉仕活動への邁進をお誓い申し上げる次第でございます。

最後になりましたが、今回の表敬訪問に際しまして、ご高配を賜りました草津ライオンズクラブのL南英三、L中嶋秀忠をはじめ関係各位の皆様に厚く御礼を申し上げます。

 随行者:水田俊宏幹事 佐竹不二郎会計 古澤昭人運営委員長 岸本 哲運営委員

 今回 L南 英三 L中嶋秀忠にお世話になりました。 

2014.11.10

奈良県知事表敬訪問 

 奈良県知事表敬訪問                  8月19日 9:00
早朝9:00奈良県庁へ荒井正吾県知事を表敬訪問いたしました。ガバナーの挨拶の後今季は青少年育成に力を入れている 東京オリンピック パラリンピックには現在小中学生が16・17歳となります。奈良も観光都市であり多くの外国人が訪れる事となります。その折対応できる若者を育成することが大事でありLCは新たなるアクティビティを行うとの説明に京都嫌いでなる知事が珍しく京都市に対し観光と教育は関心も尊敬もしている。奈良も参考にして行きたいし協力もするとのことで一同顔を見合わせました。京都府知事の話になるといつもの調子に戻り陶芸 お寺の話になりました。奈良は唐物 渡来物で成り立ち外国風が基調に対し京都は歴史も浅く(奈良に比べ)国内物との説明がありました。最後にいつものように バナー 多目的ピン 記念品をお渡しし退席しました。

随行員 水田俊宏幹事 佐竹不二郎会計 梅山克啓PR委員長 古澤昭人運営委員長
今回 L中野,L飯田 にお世話になりました。

2014.11.10

京都府知事表敬訪問

 京都府知事表敬訪問                8月13日 13:00

知事は ロシア スイス(姉妹都市)外遊帰り後の訪問にもお疲れの様子もなくお迎え頂き和やかに話が進みました。その中で青少年育成に関しガバナーの意見にその通りですと話されLCの奉仕は大変貴重であり府においても外国人(観光客含む)に対応できる若者を育成したい地方では少子高齢化が進み人手不足 空き家が増えており憂慮している。ぜひ青少年育成を推進してほしいとのことでした。 335C地区は京都・滋賀・奈良で構成されていますと話しますと半分冗談 半分本気で奈良に対し関西広域連合との協力 入会を勧めてくださいとのことでガバナーはこの後奈良も訪問しますのでお伝えします(笑)と。最後にガバナーより バナー 多目的ピン 記念品をお渡しし訪問は終わりました。
PS 京都市は2014年 Travel+Leisureワールドベストシティ1位に選ばれました。
随行員 水田俊宏幹事 佐竹不二郎会計 梅山克啓PR委員長 古澤昭人運営委員長
今回 菅谷寛志府会議員にお世話になりました
  1 / 42  次のページへ
ページの先頭へ