ガバナーあいさつ

今回の年次大会において、ガバナーエレクトとして信任を頂き有難うございます。

今日迄にお寄せ下さったご意見やご指導を、これからに活かして参ります。

さて、2016年~2017年 国際会長ボブ・コーリュは国際テーマとして「次なる山を目指して」を掲げています。

このテーマはライオンズクラブ誕生から百周年を前に、今日までの活動や奉仕を称えると共に、これからの百年に向かって新たに世の中で必要とされる活動や奉仕を、休むことなく発掘していこうと訴えています。

私の地区ガバナーテーマは「ためらいや恥じらいもなく行動できる人」です。

機会を逃してはならない、チャンスをなくしてはならない。という事です。

地区アクティビティスローガンは「享受する人もする人も共に喜ぶアクティビティ」です。

本当に必要とする人に必要な奉仕を、その奉仕を活かして自立に役立ててもらえるアクティビティを。という事です。

そして、ガバナーサブテーマ「ゆるやかな変革」を掲げました。

これはあらゆる部分を点検し、これからの百年を運営するにあたって、変革の必要が感じられる場合は相談、検討の上、英断が不可欠です。

そういった時に、次世代を担う若いライオンの発言に耳を傾け、その行動に期待、実現できる環境や援助が大切です。

今日までの百年で、マンネリ化や、時代にそぐわなくなった習慣、考え方も随所に根付いて、活動や奉仕の妨げになっていると考えます。

これらを確実にかえていくには、急激にかえるのではなく、時間をかけて実行していけば、気持ちのよい合理的な運営ができるのではと、思っています。

2016年-2017年度 335-C地区ガバナー
神﨑 守

ページの先頭へ