歴代ガバナー紹介

年度 氏名 所属 全国地区数
1953 石田 欣一 東京 全国1地区
1954 岡部 五峰 神戸 全国1地区
1955 進藤 竹次郎 大阪 全国1地区
1956 高橋 貞太郎 東京 全国1地区
1957 原 勝己 岡山 全国1地区
1958 中沢 良夫 京都 全国1地区
1959 寺田 豊 広島 EWの2地区に分解
1960 貝島 義之 福岡 EWの2地区に分解
1961 野村 康三 大阪 4地区に分割
1962 伊藤 五朗 大阪楠田 6地区に分割
1963 中村 直勝 京都 9地区に分割
1964 村上 薫 京都 10地区に分割
1965 田辺 哲崖 京都洛陽 12地区に分割
1966 北川 敏夫 京都平安 14地区に分割
1967 白倉 一夫 大津 14地区に分割
1968 茨木 基則 奈良 14地区に分割
1969 熊谷 康次郎 京都 15地区に分割
1970 大西 芳雄 京都葵 E-W各複合地区に分割
1971 田杉 競 京都桃山 E8・W7 計15地区
1972 清水 三郎 京都洛陽 E8・W7 計15地区
1973 松浦 武二郎 京都西 E8・W7 計15地区
1974 谷口 甚一郎 大津 E10・W7 計17地区
1975 近藤 与吉 京都平安 E10・W7 計17地区
1976 坂口 正一 大和高田 E・W 24地区
1977 大槻 嘉勇 亀岡 全国 24地区
1978 畑 栄作 京都洛陽 全国 24地区
1979 上西 喜代治 京都橘 全国 29地区
1980 伊豆藏 福治郎 京都鴨川 全国 30地区
1981 宮津 一 京都 全国 8複合地区31準地区
1982 大塚 正雄 京都平安 全国 8複合地区31準地区
1983 加納 庄平 京都東 全国 8複合地区31準地区
1984 大橋 和孝 京都紫明 全国 8複合地区31準地区
1985 渡辺 福之助 八日市 全国 8複合地区31準地区
1986 中村 正作 京都西 全国 8複合地区31準地区
1987 田中 弘 京都桃山 全国 8複合地区31準地区
1988 森脇 修 福知山 全国 8複合地区31準地区
1989 細川 俊ニ 彦根 全国 8複合地区31準地区
1990 小鍛冶 隆一 奈良 全国 8複合地区31準地区
1991 塚本 達也 京都南 全国 8複合地区31準地区
1992 福井 正憲 山城 全国 8複合地区31準地区
1993 岡本 邦彦 京都 全国 8複合地区31準地区
1994 篠原 實 京都洛陽 全国 8複合地区31準地区
1995 伊藤 誠一 京都鴨川 全国 8複合地区31準地区
1996 広瀬 来三 京都紫明 全国 8複合地区31準地区
1997 植野 孟 福知山 全国 8複合地区31準地区
1998 西村 友一 京都西 全国 8複合地区32準地区
1999 西川 千大 京都平安 全国 8複合地区32準地区
2000 納屋 嘉治 京都 全国 8複合地区32準地区
2001 杉山 修 京都堀川 全国 8複合地区32準地区
2002 髙城 利治 山城 全国 8複合地区32準地区
2003 大島 康男 京都葵 全国 8複合地区32準地区
2004 内田 清一 京都鴨川 全国 8複合地区32準地区
2005 山田 昌次 京都 全国 8複合地区33準地区
2006 八嶌 隆 橿原 全国 8複合地区33準地区
2007 須藤 眞志 京都洛陽 全国 8複合地区34準地区
2008 橋本 隆夫 京都西 全国 8複合地区34準地区
2009 佐藤 義彦 京都 全国 8複合地区35準地区
2010 奥村 啓二 京都淀 全国 8複合地区35準地区
2011 足達 靖彦 京都やわた 全国 8複合地区35準地区
2012 南 清右衛門 野洲 全国 8複合地区35準地区
2013 児玉 保次 京都ロイヤルLC 全国 8複合地区35準地区
2014 森井 士朗 京都洛東 全国 8複合地区35準地区
2015 永田 賢司 京都洛陽 全国 8複合地区35準地区
ページの先頭へ