クラブ活動ブログ

2017.02.26

「社会福祉法人なづな学園との水族館見学一日バスツア ー」 京都みやこライオンズクラブ

 

私ども、京都みやこライオンズクラブは、昭和50年3月の結成以来、平成28年11月8日の11月第一例会で満1000回目の例会を数えることになり、これを記念して、同日、結成以来のメインアクティビティ先の一つであります社会福祉法人「なづな学園」の園生、支援員の方々、他総勢53名で大型バスにて京都水族館見学を実施致しました。当学園は、日頃から、社会復帰を目指して職業訓練等精力的に頑張っている女性のみの施設であります。まず、入園する前に、園生の皆様方と、私たち9名の参加ライオンで、自己紹介をし、ご挨拶を互いにして、和気あいあいと交流をしてから入園をいたしました。

当日は、あいにく曇りがちで、小雨がパラついておりましたが、館内は、楽しく見学することができました。

まず、イルカスタジアムで、おいしい「カニ寿司」の昼食をいただき、いよいよ豪快なイルカショーの始まりです。4,5匹のイルカ達が、水槽を縦横無尽に泳ぎ回り、いろいろな芸をするたびに皆が、歓声をあげておられました。

そのあと、館内をくまなく見ながら、大きな水槽で見た事もない魚や、大きな魚に驚いておられました。また、オットセイや、ペンギンの動作に、拍手をして、声をあげておりました。

水族館は、初めての方も多く、全員の皆様方が、充分楽しんで、午後3時過ぎに一路帰園致しました。そのあと、なづな学園におきまして、毎年続けております「みやこ基金」の贈呈式を致しました。

園生の皆様方が、大変喜んでいただけたこのようなふれ合いを、これから先もずっと続けていきたいとメンバー一同思っております。

平成28年11月8日

京都みやこライオンズクラブ

社会福祉・環境委員会

委員長 堀池 芳一

ページの先頭へ