委員会活動ブログ

2014.08.29

明日の青少年を考える会

2014年8月18日(月)10時30分より、リーガロイヤルホテル京都に於いて「明日の青少年を考える会」が開催されました。地区ガバナーL森井 士朗をはじめ、第1、第2副地区ガバナー、1R~9Rゾーン・チェアパーソン、地区青少年関係委員会、335-C地区内の各クラブ会長、幹事、担当委員長などクラブ関係役員、レオクラブ、合計114名のご出席をいただきました。10時30分定刻どおり、地区青少年育成副委員長L入柿 浩二の司会のもと開会され、開会挨拶として地区青少年育成委員長L小西 秀樹より、今回の「明日の青少年を考える会」のテーマについては、地区ガバナーL森井 士朗が掲げられた地区アクティビティスローガンに基づくものであること、また新たなアクティビティの内容について一定説明があり、各クラブに新たなアクティビティの検討と取り組みをお願いされました。地区青少年育成副委員長L今村 絹世より講師並びに地区役員の紹介、次に地区ガバナーL森井 士朗より挨拶があり、続いてアクティビティスローガンの青少年健全育成事業の一環とした新たなアクティビティへの「想い」と方針をお話されました。

① 青少年健全育成事業の新たな取り組みの充実、及び実現を図るため青少年育成委員会を単独で設置したこと

② 2020年に開催される東京オリンピック、パラリンピックに向け、青少年を育成する事業はライオンズクラブの責務であること

③ 6年後にオリンピック、パラリンピックに参加できる年代になる少年・少女を後押しするアクティビティに取り組むことが必要である

④ 2020年には、京都、滋賀、奈良に多くの外国人観光客の来訪が予想される。満足した時間を過ごしていただくため、青少年によるボランティア観光通訳ガイドなどを各観光地で結成するアクティビティに取り組むことが必要である

⑤ ③、④の様に人の育成事業を「見えないアクティビティ」と名付けたこと。今後「見えないアクティビティ」への取り組みが必要である

⑥ このアクティビティは、青少年健全育成事業だけではなく、地域社会への貢献にもなることなどお話があり、各クラブにアクティビティの検討と取り組みをお願いされました。

続いて、北京オリンピック男子400mリレー銅メダリスト 朝原 宣治様に「スポーツを通じた青少年の育成」を演題として講演をしていただきました。朝原 宣治様は、現在スポーツを通じた子供たちの健全な成長と次世代を担うトップアスリートの育成を目的として陸上競技クラブ「NOBY T&F CLUB」を設立運営され、大阪ガス㈱をはじめ、各企業、関係団体、行政と連携し、子供たちを育成する活動、また元日本女子バレー五輪代表監督 柳本 晶一氏らと「アスリートネットワーク」を設立されるなどご自身のキャリアを社会に生かそうとチャレンジを続けておられます。

① 科学的なトレーニングが導入されたこと、陸上選手として完成した時期に北京オリンピックに出場できたこと、銅メダル獲得の裏話

② 日本が初めてリレーで銅メダルを取ったことの影響

③ 中学校時代の厳しいハンドボール部が陸上選手として開花した原点であること

④ 高校時代からの陸上選手としてのあゆみ

⑤ 現在行っている子供たちの陸上競技クラブの活動について

  一、地域社会で育成する

  一、機会を与える

  一、陸上だけではなく社会勉強も合わせて教える

  一、著名な選手と交流する機会をつくる

などの内容で講演されました。何かきっかけがあれば大きく成長し能力を開花できること、またスポーツを通し子供たちを育成することは社会貢献になることなど今回のテーマに添った講演内容でした。閉会挨拶として、地区青少年育成副委員長L三浦 治より出席いただいた御礼と、新たな取り組みへのご理解、ご協力のお願いを述べられ閉会いたしました。

最後に、2020年に向けた青少年育成のアクティビティを、各クラブ様ご理解いただき、是非ご検討のうえ取り組んでいただきますようよろしくお願い申し上げます。 

地区青少年育成委員長 小西 秀樹

2014.08.16

「ライオンズクエストプログラムセミナー」地区ライオンズクエスト委員会

梅雨も明け、本格的な夏の日差しを感じる中で、7月25日(金)リーガロイヤルホテル京都に於きまして地区役員、各クラブたくさんの皆様がご参集のもと、ライオンズクエストプログラムセミナーが開催されました。ライオンズクエスト副委員長 L本橋行治の司会進行により、開会のご挨拶を河原善雄委員長が「クエストの基本を知って頂き、道徳・対人関係、地域の関わりをもっと深く広げて、クエストがカバーできるようどんどん推進していきたい!」と元気よく宣言されました。続きまして、地区ガバナーのL森井士朗からは「ライオンズクエストの創始者ともいえる名誉顧問・元協議会議長、335複合地区ライオンズクエスト委員長 L八嶌隆へ心から敬意を表する」とのお言葉を頂戴し、これを受けて、L八嶌からも「現在の教育環境に不足していること、すなわち“生きていく力”、“学校では教えてもらえないこと”をライオンズクエストワークショップをたくさん開催することで啓蒙していきたい。335-C地区は全国的に見ても推進力は抜群だ!もっと理解を広めて邁進しよう。」と、昨今の凶悪犯罪などを例にして力強く協力を要請されました。

 今回は、講師としまして京都翔英高等学校 学年主任兼情報化主任の足達亮祐先生をお迎えし、「思春期のライフスキル(生きる力)教育」について講話を賜りました。8年前の初導入時は小学生版を和訳し高校生版にプログラムを組み替えて始め、校内での理解を深めるために推進委員会を立ち上げた等の御苦労話から、コミュニケーションスキル、意思決定力、感情コントロール、問題解決力などへの取り組み、社会福祉として献血の推進(毎年2月に3年生200人を対象)をしていることのご紹介、そして、心がけている点としてエネジャイザー(単にイスに座って一方通行的に話を聞くだけでなく、体を動かすことによって講義自体に一体感を共有する)を掲げていることもお話しいただきました。また、一昨年に選抜高校野球大会に硬式野球部が出場した際にユニフォームの袖に「宇治市」の腕章をつけて地域をアピールするという地域社会との関わりも教育の一環として大切に位置付けているとご教授賜りました。

 続きまして、ライオンズクエスト委員会アドバイザー・ライフスキル教育プログラム説明員であられるL南井孝一より「ライオンズクエストライフスキル教育プログラム」についてご説明を頂戴しました。1975年にリック・リトル氏(米国)が自らの辛い体験を元にプログラムを組み立てられた発祥であることや、実際のワークショップ風景を画像集にされてスクリーン上映で紹介、「聞き上手チェックシート」を配布して、L田中義信(栗東LC幹事)と協力して舞台上で実演技にて「聞き方マナー」を披露されました。L南井からは「永い時間を要するかもしれないが、ひとつずつ積み重ねていこう。どうかご理解、ご協力をお願いしたい」というお言葉でしめられました。質疑応答では、L飯田謙二(栗東LC幹事)やL北村隆幸(京都東LC)、L藤村幸二(5R1Zゾーン・チェアパーソン)、L中村孝行(綾部LC)より、フォローアップ研修の実施要望やワークショップ開催日程調整、最低挙行人数の確認等々の積極的な質問をいただきました。ライオンズクエスト委員会アドバイザーのL下田吉美の適切なご返答、そして推進への激励を賜り、郷田英夫副委員長が「本会ご参集の御礼」の閉会ご挨拶をされて大変有意義なセミナーが終了致しました。皆様、長時間にわたり本当にありがとうございました

2014.08.08

「2014年夏期YCE来日学生歓迎会」地区YCE・レオ委員会

 7月27日、リーガロイヤルホテル京都にて2014年夏期YCE来日学生歓迎会が、フィンランド、台湾より2名の来日学生を迎え、森井地区ガバナーをはじめ、地区役員、ホストファミリー、ホストクラブ、YCEOBOG生の皆様多数ご参加いただき、和やかに執り行われました。初めに森井地区ガバナーより来日学生へ歓迎の言葉とホストファミリーへのお礼の挨拶を述べられました。続いて、大高地区YCE・レオ委員長より、ホストファミリー、ホストクラブのの皆様に大変なご無理をお願いした旨の感謝の意と来日学生に対して短い滞在が充実したものとなるよう願う旨が述べられました。

 その後、森井地区ガバナーと来日学生とのバナー・ピン交換が行われ、地区ガバナーからは合わせて記念品として富士山の絵のジグソーパズルが贈呈されました。大高委員長からは、記念品として、祇園祭の絵柄の扇子が来日学生に贈呈されました。引き続いて、お茶を頂きながらの歓談となり、来日学生の日本語スピーチでは来日学生が質問攻めになる一幕もあり、和やかながらも盛り上がった歓迎会となりました。また、この日のために多数のYCEOBOG生が駆けつけてくれ、来日学生と連絡先の交換を行うなど交流を深めてくれたようです。最後に新川地区YCEレオ副委員長より閉会の挨拶があり、短時間ながらも充実した歓迎会を閉会しました。 地区YCE・レオ委員会

ページの先頭へ