地区ガバナー紹介
Introduction
今期ライオンズクラブ335-C地区ガンバー
ライオンズクラブ国際協会335-C地区
2018-2019年度 地区ガバナー
南 英三
EIZO MINAMI

生年月日:1951年9月10日
所属:6R2Z 草津ライオンズクラブ
勤務先:南興業(株) 代表取締役
ホテルボストンプラザ草津

新たなる挑戦に歩み出す一歩と
なるような1年にしたい。

ライオンズクラブがアメリカで誕生して100年が経過しました。
2018~2019年度は新たなる挑戦に歩み出す一歩となるような
1年にしたいと思います。
そのためには減少傾向が続いていた会員数を増加傾向に反転させるべく、
各メンバーがライオンズクラブの意義を理解し、
心からライオンズメンバーであることの誇りをもって仲間を増やす活動をお願いします。
また、新たに国際協会が提言する奉仕のフレームワークを
335-C地区にも取り入れていき、
世界のライオンズクラブとの整合性を意識して活動を行なっていただきたいと思います。
そして、世界の中における日本の335-C地区を自覚し、
グローバルな視点での貢献を強く意識していただくことを望みます。
以上を踏まえ、今年度特に重点的に取り組みたい活動は次のとおりです。

①会員増強活動
②糖尿病予防啓発活動
③環境保全活動
④LCIFへの献金と交付金の活用
⑤335?C地区から国際理事の輩出


地区ガバナーテーマ
「すべてに感謝、楽しくWe Serve!!」
ライオンズクラブのメンバーとして活動できることを、関係するすべての人々に感謝し、
メンバー同士の交流を楽しみながら、地域社会に貢献していきましょう。

アクティビティスローガン
「奉仕と友愛の輪で新たなる挑戦!」
奉仕を原点に活動しているライオンズクラブのメンバーであるということを誇りに思い、
メンバー同士の友愛を深め、かつ広げていくことがまた新たな奉仕につながります。
我々の活動をより多くの人に知ってもらい、接してもらい、仲間を増やし、
思い切って新たなる挑戦をおこなってください。

2018年-2019年度 335-C地区ガバナー
南 英三

地区ガバナーテーマ
”すべてに感謝、楽しくWe Serve!!”
地区アクティビティスローガン
”奉仕と友愛の輪で新たなる挑戦!”
ライオン歴
1993.07.02 草津ライオンズクラブ入会
1999-00年度 クラブテールツイスター
2001-02年度 クラブYE委員長
クラブ1年目理事
2002-03年度 クラブ社会福祉委員長
クラブ2年目理事
2004-05年度 クラブ情報PR委員長
クラブ1年目理事
2005-06年度 クラブ献血委員長
クラブ2年目理事
2006-07年度 地区PR情報・IT副委員長
2010-11年度 クラブ第1副会長
2011-12年度 クラブ会長
2012-13年度 地区年次大会委員長
2014-15年度 クラブ1年目理事
2015-16年度 6R2Zゾーンチェアパーソン
クラブ会員会則委員長
2016-17年度 第二副地区ガバナー
2017-18年度 第一副地区ガバナー
ライオン関係受賞

20年 シェブロン賞
メルビン・ジョーンズ・プログレス・フェロー(15回)
年間会員増強優秀ラペルピン
100周年記念会員増強賞

2018-2019年度
地区バナー&地区バッジ
  • 335-C地区バナー

    地区バナー

  • 335-C地区役員バッジ

    地区役員バッジ

  • 多目的バッジ

    多目的バッジ

トップへもどる